プロゲステロンの働きとは?

MENU

ちょっと、骨に対するエストロゲンの働きと、脂肪代謝、

プロゲステロンは卵巣で作られている女性ホルモンの1つ。
エストロゲンの働きのページでお話したように、
女性ホルモンのエストロゲンが優位になって分泌される
エストロゲン期(卵胞期)が終わると、プロゲステロン期(黄体期)
がやってきます。排卵後からです。

 

 

排卵期には、成熟した卵胞が卵胞壁を破って、
卵が出てきて、その後の卵胞は「黄体」という黄色い油のような感じの
ものとなって、プロゲステロンとエストロゲンの両方を分泌します。

 

 

この黄体期はプロゲステロンの分泌が急激に増えるので、
プロゲステロンが優勢なプロゲステロン期(黄体期)といわれます。

スポンサードリンク


プロゲステロンの主な働きについて

  • 子宮内膜を柔らかくし、増殖させて受精卵着床の準備
  • 体温を高くする
  • 卵巣や子宮の働きを調節する
  • 乳腺を発達させる
  • 血糖値を正常に保つ
  • 体脂肪を減らさせる
  • 利尿作用
  • ホルモンバランスを調節する

 

プロゲステロン期は、体内の水分を溜め込んで、
むくんだり、栄養を溜め込むためか太りやすくなったり、
気分的にもイライラしたり気にならないことまで気になって
マイナス思考になったりと、身体も心の状態も良くない時期ですよね。

 

 

他にも、血行不良、腰痛、腹痛、肩こり、おしっこが減る
便秘する、肌荒れ、吹き出物が出るなど。

 

 

ただ、この黄体ホルモンプロゲステロンがなければ、
妊娠はおろか、体はエストロゲン優勢になって、
エストロゲンの脅威にさらされる結果になってしまうわけで、
なくてはならない重要なホルモンであることは間違いありません。

 

 

エストロゲンが優勢になると、エストロゲンの作用が出すぎてしまい、
ホルモンバランスが崩れるだけではなく、
エストロゲン性の乳がんを発症しやすくなる傾向があるのです。

 

 

 

しかし、それを食い止めているプロゲステロンがあるからこそ
乳がんなどの病気から体は守られているわけですね^^

 

 

プロゲステロンを補うためには、サプリメントなども色々見かけます。
ただ、サプリよりもクリーム状のもので、皮膚から吸収させるタイプの
プロゲステロンクリームが吸収率が良いようですね!

 

 

ホルモンバランスが崩れがちの女性は
一度プロゲステロンクリームなども見ておくと良いかもしれません。
30代後半になってくると、エストロゲン以上に、
プロゲステロンの分泌は「激減」していきますので…
乳がんなどの脅威にさらされないためにも・・・

 

スポンサードリンク


関連ページ

ホルモン分泌のメカニズム
女性ホルモンの分泌のメカニズムについて、女性ホルモンの製造過程かをお話しています。「男ホル女子」サイトでは、男性ホルモンが多すぎて困っている女性のお悩みが解決できるよう、体験談から女性ホルモンをアップさせる方法などを具体的にお話しています。
エストロゲンの働きとは?
女性ホルモンのエストロゲンの働きや役割についてお話しています。男性ホルモンが多くて女性ホルモンが少ないのかな?女らしい体になりたいな、、、という女性必見です!
女性の男性ホルモンの働き
女性の中にも男性ホルモンはあります。これって必要なの?と毛深い悩みを持つ女性などは思うかもしれません。男性ホルモンの働きを知って、抑制できる方法を実践していきましょう。
アロマターゼを増やす
アロマターゼを増やすことで女性ホルモン分泌を促進させることができるのか?その方法って?というところに迫っていきたいと思います。アロマターゼを増やすというか活性化の方法については具体的におはなししています。
男ホル女ホルのバランス
男性ホルモンと女性ホルモンのバランスがおかしい?剛毛・毛深い・ニキビ・体臭が気になる女性は、男ホルと女ホルのバランス改善策が必要かもしれません。