男ホル女ホのメカニズム

MENU

男ホル女ホルのメカニズムとは?記事一覧

細胞と結合して、エストロゲン作用を施すのです。だから女性は女らしい体になります。でも女性の体内でアンドロゲンがつくられ、「アンドロゲン受容体」と結合することで、女性も筋肉が発達するなどの作用が起こります。ただ、通常は女性の場合は、アンドロゲンがすぐにエストロゲンに変換されてしまうので、ほとんどアンドロゲン(男性ホルモン)的な作用は優位に出てこず、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の作用の...

エストロゲンには色々な作用があります。有名なのは、骨粗鬆症の予防 胸の発達 生理との関与でしょうか?ココではさらに詳しくエストロゲンの働きについてお話していきます。まず、エストロゲンはどこから分泌されているかはご存知のとおり、「卵巣」です。でも卵巣の中で何がどうなるとエストロゲンが分泌されるのか?も知っておきましょう!まず、エストロゲンが優位になってくる「卵胞期」は卵巣の中の「原子卵胞」がどんどん...

プロゲステロンは卵巣で作られている女性ホルモンの1つ。エストロゲンの働きのページでお話したように、女性ホルモンのエストロゲンが優位になって分泌されるエストロゲン期(卵胞期)が終わると、プロゲステロン期(黄体期)がやってきます。排卵後からです。排卵期には、成熟した卵胞が卵胞壁を破って、卵が出てきて、その後の卵胞は「黄体」という黄色い油のような感じのものとなって、プロゲステロンとエストロゲンの両方を分...

女性も男性の10分の1ほどの量のテストステロン(男性ホルモン)を分泌しています。女性の場合は、卵巣と副腎から分泌されているのです。女性の中の男性ホルモンの働きとは、どういうものなのでしょうか?

このページでは前項に引き続いて、「アロマターゼ酵素」に関する情報をお届けいたします。アロマターゼ酵素については、前ページで詳しくお話しましたが、女性の体内でも生産されている「アンドロゲン 男性ホルモン」から女性ホルモンのエストロゲンに合成変換するときに必要な酵素です。この酵素が多いほど、女性の体は女性らしくなります。なぜなら、エストロゲン分泌が活性化させるからです。アロマたーぜを活性化するためによ...

女性の体内でも男性ホルモンは作られています。最近、毛深くなってきた…ヒゲまで生えてきてしまって、明らかに男性ホルモンが増えてきた気がするんだけど…と体の変化に困られている方は参考にされてみて下さい。まず、私たちのホルモンは、「多様に変化するもの!」なんですね。女性ホルモンは女性の体の中で、何度も色々なホルモンに変身しながら最終的に女性ホルモンになっています。特に「エストロゲン」の場合は。※詳しくは...