女性の男性ホルモンの検査方法

MENU

男性ホルモン値検査の前に知っておきたいこと

女性・男性ホルモン検査

 

男性ホルモン値検査は、お金がかかるので、単なる興味本位でされる方は少ないと思いますが、「ちゃんとした検査理由」も重要です。

 

 

なぜなら、男性ホルモン値検査も「診療目的」「治療目的」だと保険が聞きますが、「興味本位」ならば自費となってしまうからです。

 

スポンサードリンク


女性が男性ホルモン値検査を行う場合の理由と病院について

 

 

病院で検査したら、どんな治療ができるの?

 

いくらくらいかかるのかな?

 


 

多毛症・剛毛・薄毛・抜け毛・ニキビなどの悩みの場合

 

皮膚科で検査を行い、「治療」へと進みます。
病院でまずは、男性ホルモン値がどの程度多いのか、それが原因になっているのかを確認し、必要に応じた治療が行われます。

 

多毛症の原因は、先天的な場合から、甲状腺の異常や副腎の異常なども関係しているようです。

 

◆検査料金は?
初診料が3000円前後
血液検査料が5000円前後位から

 

医療機関や血液検査の項目数によっても料金は変わってくると思います。

 

→アドバイス
婦人科などでも検査は可能だと思いますが、治療になった場合に、皮膚科などで受けた方がスムーズです。まずは、お住まいの地域の皮膚科を検索し、料金とホルモン値検査ができるかどうかを確認されることをおススメします。

 

生理不順や不妊などの悩みの場合

 

婦人科系の病院で検査を受けた方がよいです。
初診料・血液検査料ともに、上記と同様に、検査項目で変わってくると思います。特に婦人科系の悩みの場合、女性ホルモン値も調べることが必要なためですね。

 

 

病院でのホルモン検査後の治療について

 

ホルモン検査で”男性ホルモンが多い”、”女性ホルモンが少ない”などが判明すれば、治療はしやすいです。しかし、病院での治療は、「ピル」「女性ホルモン投与」「抗男性ホルモン剤」などの「合成ホルモン剤(薬)」による治療が主でしょう。

 

 

「合成ホルモン剤」は「化学物質」ですので、自分の体内で分泌されるホルモンとは、構造が「似て非なるもの」。

 

 

個人的には、体に良いものではないのかな・・・と感じてしまいます。


アメリカなどでは「ピル」の使用は普通で、日本でも低用量ピルがかなり広まっていますが、化学物質は体に入ると排出されにくいですからね…。

 

また、副作用も70%位の方に出てきて、1ヶ月ほどは耐える必要があるようなので、それを踏まえたうえで、「合成ホルモン剤」を使用するかどうかを考えられた方が良いと思います。

 

当サイトでは、合成ホルモン剤を使う前に試したい自然な方法もいくつかご紹介していますので、良ければ参考にされてみてくださいね^^

スポンサードリンク