女性の5−αリダクターゼと男性ホルモン

MENU

女性の男性ホルモンと5−αリダクターゼの関係

5−αリダクターゼとは?

 

◆5−αリダクターゼ(還元酵素)の作用

 

5−αリダクターゼは、男性型脱毛症の原因と言われていますが、実は、女性の中にもしっかりと存在するもので、男性ホルモンを作り出す材料のようなイメージです。

 

女性の体内においても、5−αリダクターゼとテストステロンが結合すると「頭の抜け毛・ハゲ」などの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)がつくられ、大量の皮脂を分泌させるのです。

スポンサードリンク


5−αリダクターゼの威力は男性よりも女性の方が強い!?

5−αリダクターゼの影響は「男性の方が受けやすい」「だから男性で若はげの方が多い」と思ってしまいがち。

 

しかし、5−αリダクターゼの影響は「女性」の方が受けやすかったのです。

 

 

女性の方が影響が少ないように見えるのはすべて、「女性ホルモン」によって守られているからなんですねー!また、男性ほどは男性ホルモンの量が作られていませんし…。

 

 

 

女性でも更年期にはいると「薄毛」「ハゲ」が進行するワケ

 

 

若いうちは、女性ホルモンによって、男性ホルモンやDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を抑えてこれたものの、更年期になると女性ホルモンの分泌が減少し、男性ホルモンの影響を受けやすくなるので、更年期の女性は薄毛やハゲが進行しやすくなるのです。

 

 

5−αリダクターゼは女性の「多毛症」にも関係?!

 

実は、女性の多毛症にもこの5−αリダクターゼが深く関係していたという研究結果が近年明らかになりました。

 

 

この5−αリダクターゼの作用を抑え込むことが出来れば、女性の多毛症やヒゲ、剛毛、薄毛などの悩みが、どんどん解決できるってわけですね!

 

 

5−αリダクターゼの働きを抑制する方法とは?

 

5−αリダクターゼの働きを抑制するなんて、なんだか難しそう…な感じですが、実は案外簡単な方法で可能だったりします^^

 

1つ目は・・緑茶!
緑茶に含まれる成分は、5−αリダクターゼの働きを抑制する作用があるので、DHT(ジヒドロテストステロン)が作られるのを抑制し、男性ホルモンが増えるのを抑えてくれるわけです。

 

さらに、緑茶のカフェインは、女性の体内にすでに溜まっているDHT(ジヒドロテストステロン)を尿と共に外に排出してくれます。

 

他詳しくは、男性ホルモンを抑制する食べ物まとめ⇒

 

さらに、有効&効果的な方法

女性にとって体やホルモン状態に負担をかけない方法を選択することが何よりも重要なので、是非参考にされてみてくださいね^^

 

5−αリダクターゼの働きを抑制する方法⇒

スポンサードリンク


関連ページ

男性ホルモンを減らす方法とは?
女性の男性ホルモンを減らす方法って?毛深いのはもうイヤ! 女性なのに、なんでこんなに毛深いの?剛毛なの?という長年の悩みを撲滅するために、色々調べたり試したりしたことをお話していきたいと思います。
男性ホルモン抑制の食べ物
女性の男性ホルモンを抑制する食べ物について、まとめました。女性なのに、毛深かったり、胸が小さかったりして悩んでいる方が女らしさを取り戻すために必要な食べ物とは?
ノコギリヤシで男ホル抑制?
ノコギリヤシは女性の中の男性ホルモンの抑制によいのかどうか、調べてみました。毛深い・剛毛でお悩みの女性は必見です!
女性なのに男性ホルモンが増える理由
女性の男性ホルモンが増える原因には、ホルモンの「ジヒドロテストステロン」が関係している?男性ホルモンが多くてお悩みの女性はぜひ参照されてみてください!